上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

食事は朝4夜6の割合で2回

朝は人と同じく食欲が少ないのかあまり食べないんで少なめ、ドライフードと水のみ
milk+ジャーキーできっかけを作らないと食べません

夜はドライフードに若干ウエットフードを足して与えます
(というのも実家で食する為、もう一匹のワンちゃん「モカ」に合わさないと食べなくなったのだ
IMGP2569.jpg

どちらも完食するまで次のステップに進みません
完食した後は歯磨き用のおやつ(デンタX、モチモチガム++milk)などで締めくくる

自宅のドライフード:スマックの「すき焼き味」
実家のドライフード:ペディクリーチャムもしくは安売りで買った普段買わない商品
スポンサーサイト
[ 2013/07/06 11:04 ] 佐助 | TB(0) | CM(0)

散歩道中に会う 友達

自宅から実家までの7km、夕方散歩時間に遭遇するワンコ達の中で
仲良くなったワンちゃん達
IMGP2560.jpg

自宅近所の「太郎」君
IMGP2562.jpg

自宅前を通り掛った時に失礼しました、若いからいつも元気
IMGP2561.jpg

佐助より1つ年下(mix犬)

そして まだ幼い仔犬「ラン」ちゃん♀犬
IMGP2566.jpg

愛嬌あってとっても可愛い白の柴犬です
IMGP2564.jpg

自宅と実家の1/3くらいで会う

そして「ユメ」ちゃん♀のmix犬
xIMGP2568.jpg

自宅と実家の4/5地点辺りの通り道 繋がれた状態でご挨拶
IMGP2567.jpg

とても人なつっこく まだ数回しか会ってないのに今じゃお腹を見せて甘えてきます
[ 2013/07/04 09:51 ] 佐助 | TB(0) | CM(0)

佐助の親(毛を刈った後と刈る前)

5/20に佐助の親宅に訪問した写真がこれ
x201206a.jpg
お父さん(右)と佐助(左)です

お母さんです
x201206c.jpg
もう一枚お母さん
x201206b.jpg

プードル(一番右)も加わって(・。・;
IMGP1307.jpg

それが 今日6/22
x20130621b.jpg
こんなになりました(父です)以前のボーボーの体毛から 打って変わってさぞ涼しいかな こんなに切っても大丈夫なのかぁ



x20130621h.jpg
母です
x20130621a.jpg
プードル君です
x20130621c.jpg
なかなか動きが激しいプードル いい写真が撮れません
x20130621e.jpg
母のUPです
x20130621d.jpg
母です
IMGP2548.jpg

しかし プロですなー、顔周りから至るところ綺麗にバリカンされてるんですが ムラがない もう一枚 母
x20130621g.jpg
父(左)と佐助(右)
IMGP2545.jpg
会わせる度に思うんですが…
x20130621f.jpg
やはり 親より子の佐助は親犬に対して興味が少なくなっていってるようです( ´_U`)
x20130621i.jpg
そんなもんなんですかねー、人間社会でも生みの親より育ての親 っていうし
IMGP2540.jpg
もっと遊びたがってる父だが…
IMGP2530.jpg

なんとなく 親の方からみても子離れを感じたのか 哀愁漂うお別れでした
[ 2013/06/22 11:43 ] 佐助 | TB(0) | CM(0)

新しい友達

x20130615a.jpg
プードルの「ラッキー君」
x20130615b.jpg
雄犬でいつも散歩で出会う度 めちゃ元気

x20130615c.jpg<
何だかんだで このワンちゃん18万円くらい最初に掛かったそうです

x20130615d.jpg
そして室内犬ならではの?外で全くオシッコをしない(便はたまーにするとか)
x20130615e.jpg

こっちのワンちゃんが…「  」名前忘れた(^_^;)
見てのと通りチワワで 初顔合わせでも全然平気でした
x20130615f.jpg
なんと チワワにして室外犬として飼ってらっしゃる ようです(誘拐されないのかなぁ)

IMGP2508.jpg
佐助より若い犬と一緒に過ごすと 佐助が大人に見えてきます
IMGP2511.jpg
初顔でも妙に落ちy付いている というか
[ 2013/06/15 13:52 ] 佐助 | TB(0) | CM(0)

庭で放し飼い

庭で畑作業中は適当に遊んでます
x20130610a.jpg

写真は菜花を引き抜いた根っこ部分を噛んでます
x20130610d.jpg

普段、来客が来ない場合 庭から出て行く事はないですが
x20130610b.jpg

近所で郵便配達や水道及び電力、ガスなど回ってる時は他の犬達が吠えまくるので
伝染したかのように警戒 出ていっちゃうんで注意しなければいけません
x20130610c.jpg

[ 2013/06/10 11:29 ] 佐助 | TB(0) | CM(0)

佐助を連れてツーリング

蓮ダム ってところに3台のバイクで行ってきました
x20130504e.jpg

ゼファー750とスーパーカブ90
x20130504k.jpg

佐助は いつものショルダーバッグに入れてです
x20130504l.jpg

仲間は少しだけ不安そうでしたが、最後まで問題なく帰宅

[ 2013/05/04 18:09 ] 佐助 | TB(0) | CM(0)

「佐助君2歳の誕生日」

佐助が生後6ヶ月で去勢手術したあと お漏らし(オネショ)をしてしまうんでいつもオムツを履かせて寝させるんですが、この市販のオムツが何とも良くない、いろいろメーカーを試すもサイズ的に今ひとつなのだ。
佐助が体重5kgの時は小型犬用7kgで中型犬用の雄犬タイプで使ってましたがNG
つまりはおちんちんがはみ出てしまい「オムツの意味ねーじゃん」という日も少なくない
どうして胴長のタイプが無いのか
佐助の逸物がおっきい?
IMGP1595.jpg


佐助の限界は約6時間前後、これを超えると例え起きていても漏らす、オロオロ((;ω;))オロオロする事もなく前兆も前触れもなく全く自然現象のように漏らしてしまうのだ
水分をたくさん摂った日は5時間程度に早まる、始めの頃はつい怒鳴ったり叱ったりもしたものだ| 柱 |ヽ(-´ω`-。)反省
IMGP1592.jpg


そこで編み出したのがオムツの胴巻き、マジックテープ位置がうまく合わないんでガムテープで付け外し可能に加工
それで、今までやり過ごしてきた訳だが、オムツ代も馬鹿にならんしペットシーツを利用して腹巻き風のニットを巻きつけたらどうか と考え、ペットシーツを3分割した1枚を ¥210で買ったレッグウオーマーで腹巻きのように包み込む といもの
IMGP1593.jpg


これが意外に(・∀・)イイ!!、佐助もオムツのような不自然さが無くなり 位置を上におちんちんを包まなければ冬の寒さをカバーする胴巻きになるし、なんたって経済的なコストが随分と違うのだ。
普通は必要ないものなんだが仕方ない、手術の結果こうなってしまったんだから
うまく付き合うしかないんだよな
IMGP1597.jpg



最後に、誕生日としていつもより高価なDogフードとウエットフード+デンタルガムを購入しておいた

IMGP1590.jpg
 
[ 2012/11/03 23:19 ] 佐助 | TB(0) | CM(0)

犬の天敵 ダニの被害

3日前から左腕をよく舐めるような行為をし始め、見てみると小さなブツブツが
周辺を確認するがその時はダニの存在を発覚出来なかった。
暫くそのまま放置状態にしてたが 掻く行為を何度も何度も繰り返すようになり、そこで気付いてやればよかったんですが


ある散歩の日、いつもの様な飛び跳ねる元気がなく 途中でstopしてずっと掻きまくっていた
流石に 何事かと帰ってから掻いた場所を見れば、皮膚が赤くなっていてブツブツが広範囲に
よーく見ると 小さなダニがたくさんΣ(゚◇゚;)ゲゲッ
真っ赤になった皮膚にダニ駆除の粉やスプレーを吹くも、非常に痛がって(嫌がって)しまうので
虫眼鏡見ながら一匹づつ手で排除
20120808.jpg

相当な数を駆除したんだが 爪や指の間、炎症を起こしている皮膚には痛いのか触らせてくれません
よって、蚤ダニ取りシャンプーを買い 泡で放置10分を3回繰り返し 更に肉眼で取れるダニの残党や死骸を見つけ駆除

三日前、暑い日に山に行き離暑地気分で休憩+散歩してたんです。
どうやらその時に引っ付いてきたみたいで その数なんと120-150匹 (排除した数)

ほぼ半日かけて排除+掃除したんだが、ダニシャンプーをしつこくしたにもかかわらず 生き残っていたダニもいたし 吸われて炎症を起こした部分は痒いままだ やっぱ掻きたがる
皮膚がどんどん傷ついてしまうので 病院に連れて行く事にした。


先生曰く マダニは草むらに潜み 貧血を起こさせ、死に至らしめる「バベシア」というマダニの胃に寄生する原虫で主に関西に広がってきているらしいのだ
今回 飲み薬+塗り薬+エリザベスカラーで舐めたり噛んだりしないよう1WEEK様子見となる

[ 2012/08/07 10:47 ] 佐助 | TB(0) | CM(0)

山登り

CBX400Fの車検日(一時抹消予定日)が近くなってきんで、佐助を連れてちょい乗り
暑い中、涼しさを求めて走っていくと そこはやはり山、川
バイクを停めて休憩のはずが、山道を少し歩いてみる
IMGP1324.jpg

林の中は外の気温に比べ随分と涼しいもんだ、佐助も珍しいかな探索しまっくっている
「ちょっと、登ってみるか」と 何もそんな格好でもないのに軽い気持ちで登り始める
途中を小川が流れ 佐助のいい飲み水となる
IMGP1325.jpg

予定外なんで 不要な荷物が重々しい
休みにきたのか 汗をかきにきたのかε-(‐ω‐;)
なんか自然と道行くまま無心に進んでいくうちに いい感じの滝に出くわす
IMGP1326.jpg

途中何度か小休憩しているが、ここでゆっくり座り込んで休憩
正に天然クーラーである
IMGP1336.jpg



誰とも逢わず ただ鳥や虫たちの鳴く声と時より靡く風で揺れる草木の音
川蟹や昆虫類も久しぶりに出会った
IMGP1331.jpg


何も考えず ボーっとしていたい気分だったが「頂上まで行ってみるか」と
馬鹿な事を考えてしまった(とここまでで約30分)IMGP1338.jpg

うーん、靴といい服といい まったくナンセンスな格好
誰かと遭遇したら恥ずかしいくらいだった が誰とも逢わず(*´-д-)フゥ-3

IMGP1341.jpg
何度か 引き返そうという気持ちにはなるが約90分かけて 山頂まで上りきる事に成功
展望台というのは無いんで 達成感はイマイチだが 諦めずに登れた事に満足であった。

IMGP1343.jpg


暫く休憩した後、下りるんだが帰りは60分かからなかったくらい
やはり誰とも遭遇せずに下山した

気分良く帰宅したもんだが 後に佐助君の身体に異常事態が起こるはめに(;^ω^)
IMGP1330.jpg
[ 2012/08/03 10:32 ] 佐助 | TB(0) | CM(0)

親と再会

年に一回しか毛を切らない という佐助のご両親(飼い主)
x201206b.jpg
母親はこっちです
ちょっと可哀想な気もしますが 暑くなってきたんでそろそろカットしに行くとか
x201206a.jpg
で、父親と佐助

確かに犬3匹もトリマーに行ったら数万円かかるだろうなぁ^^;
IMGP1307.jpg
トイプードルは新しい仲間?小さい頃は家の中で室内犬扱いだったようですが
世話が大変になったのか 外で飼うようにしたみたいです
x201206c.jpg
親は大歓迎って感じなんですが 佐助の方は以前に比べてテンション下がってきてます
あまり相手をしなくなりました
肉親に会えて嬉しくはないのかなぁ、つーかそもそもこの二匹が親だという事を認知しているのかが疑問だ
[ 2012/06/22 10:58 ] 佐助 | TB(0) | CM(0)