上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

犬の天敵 ダニの被害

3日前から左腕をよく舐めるような行為をし始め、見てみると小さなブツブツが
周辺を確認するがその時はダニの存在を発覚出来なかった。
暫くそのまま放置状態にしてたが 掻く行為を何度も何度も繰り返すようになり、そこで気付いてやればよかったんですが


ある散歩の日、いつもの様な飛び跳ねる元気がなく 途中でstopしてずっと掻きまくっていた
流石に 何事かと帰ってから掻いた場所を見れば、皮膚が赤くなっていてブツブツが広範囲に
よーく見ると 小さなダニがたくさんΣ(゚◇゚;)ゲゲッ
真っ赤になった皮膚にダニ駆除の粉やスプレーを吹くも、非常に痛がって(嫌がって)しまうので
虫眼鏡見ながら一匹づつ手で排除
20120808.jpg

相当な数を駆除したんだが 爪や指の間、炎症を起こしている皮膚には痛いのか触らせてくれません
よって、蚤ダニ取りシャンプーを買い 泡で放置10分を3回繰り返し 更に肉眼で取れるダニの残党や死骸を見つけ駆除

三日前、暑い日に山に行き離暑地気分で休憩+散歩してたんです。
どうやらその時に引っ付いてきたみたいで その数なんと120-150匹 (排除した数)

ほぼ半日かけて排除+掃除したんだが、ダニシャンプーをしつこくしたにもかかわらず 生き残っていたダニもいたし 吸われて炎症を起こした部分は痒いままだ やっぱ掻きたがる
皮膚がどんどん傷ついてしまうので 病院に連れて行く事にした。


先生曰く マダニは草むらに潜み 貧血を起こさせ、死に至らしめる「バベシア」というマダニの胃に寄生する原虫で主に関西に広がってきているらしいのだ
今回 飲み薬+塗り薬+エリザベスカラーで舐めたり噛んだりしないよう1WEEK様子見となる

スポンサーサイト
[ 2012/08/07 10:47 ] 佐助 | TB(0) | CM(0)

我が家の野菜害虫達

まだ知識が無く 虫食いによる被害が多発していった
毎日、水をやっていて気付いてはいたんだが、甘くみていた
あまりに葉っぱが喰いちぎられていくんで見ると青虫やらカブラハバチや葉ダニ、なめくじ、ウリハムシ、てんとう虫のようなニジュウヤホシテントウムシにダンゴ虫、アブラムシ、コガネムシ、ハモグリバエなどなど
IMGP1366.jpg

アオムシは葉っぱと同じ色なんで見つけにくい 見つけて川に流してましたが、最近は面倒なんでその場で潰してます。
カブラハバチの幼虫はちょっと触れただけで葉っぱから落ちてしまい見失う事があるんで よく取り逃がす
ナメクジは夜とか雨上がりに発生するんで 夜な夜な電灯つけて駆除
その他は見つけ次第追っ払うか、潰す
IMGP1369.jpg

という感じに過ごして来ましたが、やはり限界が
「カダン 野菜用ハンドスプレー 950ml」を遅いながらも購入
やっぱ農薬に頼ったほうが苦労しなくてすみますね
ただ、大葉など直接(生)食する葉っぱは抵抗あります、牛乳薄め液を霧吹きし食われた葉は切り取り排除
IMGP1373.jpg
南瓜はいい感じに育ってきてます、食べた生ゴミから知らずに育ってきたとは思えないっす
[ 2012/08/06 11:09 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

山登り

CBX400Fの車検日(一時抹消予定日)が近くなってきんで、佐助を連れてちょい乗り
暑い中、涼しさを求めて走っていくと そこはやはり山、川
バイクを停めて休憩のはずが、山道を少し歩いてみる
IMGP1324.jpg

林の中は外の気温に比べ随分と涼しいもんだ、佐助も珍しいかな探索しまっくっている
「ちょっと、登ってみるか」と 何もそんな格好でもないのに軽い気持ちで登り始める
途中を小川が流れ 佐助のいい飲み水となる
IMGP1325.jpg

予定外なんで 不要な荷物が重々しい
休みにきたのか 汗をかきにきたのかε-(‐ω‐;)
なんか自然と道行くまま無心に進んでいくうちに いい感じの滝に出くわす
IMGP1326.jpg

途中何度か小休憩しているが、ここでゆっくり座り込んで休憩
正に天然クーラーである
IMGP1336.jpg



誰とも逢わず ただ鳥や虫たちの鳴く声と時より靡く風で揺れる草木の音
川蟹や昆虫類も久しぶりに出会った
IMGP1331.jpg


何も考えず ボーっとしていたい気分だったが「頂上まで行ってみるか」と
馬鹿な事を考えてしまった(とここまでで約30分)IMGP1338.jpg

うーん、靴といい服といい まったくナンセンスな格好
誰かと遭遇したら恥ずかしいくらいだった が誰とも逢わず(*´-д-)フゥ-3

IMGP1341.jpg
何度か 引き返そうという気持ちにはなるが約90分かけて 山頂まで上りきる事に成功
展望台というのは無いんで 達成感はイマイチだが 諦めずに登れた事に満足であった。

IMGP1343.jpg


暫く休憩した後、下りるんだが帰りは60分かからなかったくらい
やはり誰とも遭遇せずに下山した

気分良く帰宅したもんだが 後に佐助君の身体に異常事態が起こるはめに(;^ω^)
IMGP1330.jpg
[ 2012/08/03 10:32 ] 佐助 | TB(0) | CM(0)