上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

建築

床束、床組 大引き、根太、梁床、和小屋、二重梁、垂木
IMGP1246.jpg

実習で作られた骨組み(小屋サイズ)での現物を見ながら授業だった
やっぱ実際の構造を見ながら説明されると 実に分かり易い
今まで写真、図形、模型など 今ひとつピンと来なかったもんだ
IMGP1247.jpg

しかし、呼び名が多くありすぎて なかなか覚えられない
仕口や継手も種類が多すぎるぜ(`‐ω‐´)
20120509.jpg

後半は実習
課題の花瓶台?
IMGP1245.jpg

鉋かけで角材の面を正方形(同寸)にする
そのサイズを基に図面を記入
IMGP1243.jpg

墨付け=図面から寸法を取り 実際に使う角材を当て 現物サイズとする
鋸と鑿で切断、加工 と今日はここまで
IMGP1244.jpg

使う角材が杉の木という事もあるが、今までの鋸切断の進歩を確信した
しかし「節」の処理がまだまだ_| ̄|○
関連記事
[ 2012/05/09 16:39 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://take1048.blog.fc2.com/tb.php/284-558f0741